スポンサーリンク

驚愕の整骨理論-あらゆる病気は骨格から-重力に則った骨格

超健康体をつくる 究極の昇降運動骨格と健康
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

あまりに単純!しかし、絶大な効果-ゼロの体操!

病気せず健康でいたい
病気を治したい、健康に不安
姿勢が悪い、きれいな姿勢で美しくありたい
疲れない強靭な体がほしい
若々しくありたい、元気でありたい

このように願うなら、ぜひ実践してください。方法はあまりに簡単ですが、その原理は正に真理です。その効果は驚きの結果をもたらすでしょう。

病気になるのは骨格が歪んでいるから。骨格を正せば病気は消える。

どうして病気になるのか?それは骨格(姿勢)が歪んでいるから。病気を治すのは薬や医者ではない。治しているのは自身の持つ生命力に他ならない。
地球上には巨大な重力がある。姿勢が悪いというのは、巨大な重力に抗い骨格が歪むということ。
片腕の重量が5kg前後、頭の重さは5~6kgと言われる。歪んだ骨格はこれらの重量を常にムリな姿勢で受けなければならなくなる。
しかし、重力に従い秩序だった骨格になれば生命エネルギーが流れ出す。やがて病気は消え去り、超・健康体へと昇華する。それを実現できるのは「本来あるべき完全な姿(形)」になったとき。ぜひ、それを最大限に発揮していただきたい。

健康ですか?

体の調子はいかがだろうか。病院に行かな出ればいけないような病気でなくとも、便秘や頭痛、肩こり、疲れ、食欲不振など、多くの方は何らか不調を抱えておられるのではないだろうか。いつも絶好調ですよ、と即答できる人はほとんどおられないのではないだろうか?私は、「絶好調ですよ」と即答する。もはや20年近く、風邪もひいたことない。現在55歳になるが一日で300kmを自転車で走破することもできる。

姿勢・骨格が悪いと病気

骨格が歪めば体に不調をきたし、それが進めば病気になる。骨格の歪みは病気の原因。どうして骨格の歪みが病気を引き起こすのか?その答えを述べるのは難しい。正直、私にはできない。おそらく、誰にもできないだろう。

重要 しかし、逆は言える。骨格を正せばあらゆる病気は消え去りますよ、と。

私は長年の観察・考察から病気の人は必ず骨格に歪みがあることを発見した。そして、骨格を正せば、病気が消えていくことを実証してきた。

骨格が歪めば病気になる。骨格を正せば病気は消えていく。正しい骨格なくして健康なし

病気と骨格の関連性は深い。 これは何も 私独自の理論ではなく、昔から整体やカイロプラクティック、ホメオパシーなどの整骨療法の基本的な原理である。

この原理(つまり治す方法)を発見して20年近くが経つ。自身で実証してきたし、多くの実例がある。難病と言われる強皮症も症状が消えた例もある。軽度から大病まであらゆる病気は消えていく。本来ある骨格に戻し、生命力が正しく発揮されれば・・・癌だって恐れることはない、実際に消え去っているのだから。

骨格のイラスト-様々な姿勢。骨格の歪みは健康・美容にとって最悪。重力に従ってください。地球に委ねてください。

骨格を正すゼロの体操。

ゼロの体操が骨格を正常に戻す

ゼロの体操とは重力を利用した体操。この地球にある重力が働き誰も避けることはできない巨大な力。骨格(姿勢)が悪いということは、重力に抗っているということ。

だが、逆に重力の秩序に従った正しい骨格は驚異の生命力を発揮する

簡単な実験をしたい。土砂と混ざり合った水をドブからコップに入れるとする。優しい力で軽く振ってみる。しばらくすると、粘土、土、砂、水、ゴミと重い順に下から分離してくる、重力にしたがって。軽い振動を与えることにより秩序を生み出した。これが本来の姿。 この重力と振動を体に利用するのがここで提唱する画期的で効果絶大な理論。(この原理は別記事で詳細)

骨格はあらゆる病気を消し去る。超健康体。ゼロの体操。バランスを重力に従って取っています。

ゼロの体操で骨格が重力に正しくある姿へと戻る

重力を利用した、ゼロの力でゼロの体操。

先ほどの動きを体で実践するのが超・健康体をつくる「ゼロの体操」

「ゼロの体操」とは「ゼロの力」で行う体操

「ゼロの力」・・・動作するだけの力

例えば・・・

立つなら立つだけの力。
腕を上げるなら上げるだけの力。
膝を曲げるなら曲げるだけの力。

というように余分な力は徹底的に体から抜き去る。すると、その時の最適な姿勢がわかる。

ゼロの体操・・・ゼロの力で体を動かす。

ラジオ体操のように動いてもよい。水泳で背泳ぎするように腕を交互に回してもよい。とにかくその動作以外には徹底的に力を抜く。余分な力を徹底的に排除した動きで体を重力に委ねる。「ゼロの力」で体操。体の中心は仙骨にあるのでその「仙骨」(背骨の一番下の骨)を意識した動きになる。そのように重力に則った動きをすることで骨格は「本来あるべき完全な姿(形)」に戻っていく。本来の生命力が再び流れ出す。重力に抗った骨格がなおり、本来の秩序が復活する。

ゼロの運動を段差を使って昇降運動。歪んだ骨格を戻すのに最も効果的です。力を抜く運動。鍛える運動とは全く逆のベクトル、いかに力を抜くか。

昇降運動はもっとも簡単にでき、効果が非常に高い。

今回は分かりやすく簡単であるが、もっとも効果的な段差を使った方法を紹介する。昇降運動を利用したゼロの体操。

まず、踏み台(階段など段差)の前で直立する。仙骨を意識して立つだけの力以外は徹底的に抜く。

1 そのまま、段差を昇り降りする。昇降運動以外は徹底的に力を抜く(ゼロの力)。
力をきれいに抜けば「仙骨」が中心になる。
また、自然と腕もバランスをとるように動く。

2 スピードも段差の高さも、自由でよい。
とにかく「ゼロの力」で「ゼロの体操(昇降運動)」。

3 足の右左を変えて昇降運動。
慣れたら腕を少し高く上げる、回す、止めるなどしてみるとよい。

※大事なのは「ゼロの力」。スピードとか動きは自分のペースでやればよい。骨格が正されてくると、背筋が伸び、湧き出てくるような生命力を感じられるようになる。この動きこそ「コップの実験」で重力に従い秩序を与えた振動になる。

仙骨は体の中心。まさしく体の要。 背骨の最下部にあって、骨盤を連結している聖なる骨。骨格の中心。健康の中心。美容の中心。

身体の中心になっているのが「仙骨」。ここを意識して「ゼロの力」で動く

正しくない骨格は生命力を遮断する。正しい骨格で生命力あふれる健康体をつくる

今回は段差を使った昇降運動でのゼロの体操を紹介したが、こんなことでそんな効果があるのかと、信じられないかもしれない。だが、私自身を含め、20年近くの実証で驚異的な効果を得てきた。骨格を正し地球の放つエネルギーを正しく自分の生命力に活かすことができるならば、あらゆる病気は消えていく。本来あるべき姿に戻っていくのである。

あなたも骨格矯正のプロフェッショナル

重力秩序に則った骨格は 病気にならない超・健康体をつくる。病んでいた体はやがて回復する。すでに内在された驚異の生命力を引き出せ!!

それが病気をしない超・健康体「強健」

終わりに

とにかくゼロの体操の昇降運動

  • 便秘・・・骨格を正す昇降運動を、治ります。
  • O脚・・・タレ尻や下半身デブ、治ります。
  • 猫背・・・まず猫背は最初に治ります。
  • 疲れやすい・・・骨格の歪みがどれだけ重力に抗うことになるか・・・疲れますよ。
  • 病気がち・・・私もそうでしたが、気づいて20年、風邪さえひきません。
  • 元気がない・・・ゼロの体操やってみてください。骨格が正されると活力が漲ってきます。
  • 性的不全・・・老齢化ではなく、骨格です。最近の若い人も・・・骨格に表れています。
  • 痔・・・片足が悪い人に痔はいないと言います。骨格となにか関係があるかも?
  • 偏頭痛・・・肩こりとワンセットの人が多いですね。
  • 肩こり・・・ひどくなると頭痛になるようです。
  • 食欲がない・・・生命力が回復すれば・・・大丈夫です。
  • 難病も症状が出なくなった・・・何かが正しくなくなるのが病気。その根源は骨格です。
  • 癌も消えた実績あり・・・恐れることはありません。余命宣告年はるかに過ぎた人います。
決して薬や医者で病気は治らない。治しているのは自身の持つ生命力に他ならない。すでに、人間に内在されているのに発揮できないだけだ。それは骨格が持っている。それを最大限に発揮する方法はひとつ。重力の秩序に従い骨格を本来の完全な姿に戻す。重要なことではあるがそれはその人自身にしかできない。自分の正確ない姿は体にしかわからない。その方法がここで述べたゼロの体操だ。
この原理や方法論は更に詳しく別記事をご覧ください
骨格でつくる-美容と健康 併せて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました