スポンサーリンク

驚愕!骨格でつくる超・健康体-強健の方法(簡略版)

小論
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

あまりに単純だが絶大な効果-ゼロの体操

病気にならない超・健康体をつくる「強健の方法」として原理・方法を別の記事小論で述べたが今回は「簡略版」として「3分で分かる強健の法」を書いてみたい。

病気が回復するのは自分の治癒力

風邪をひいてもやがては治る。病気が治るのは病院で注射をしたり薬を服用したからではない。薬や注射は症状を抑えるだけ。病気が治るのは人が治癒する力を持っているからだ。
つまり、その治癒する力を強力にすれば、病気にならない。

病気が治るのは自分の持つ治癒力
強力な治癒力で病気にならない健康体を強健という。

治癒力は骨格にある-健康も病気も骨格しだい

整骨療法とは

カイロプラクティック、ホメオパシー、整体術など、骨格や背骨に原因を求める理論は古くからある。
骨格の歪みが体の不調の原因であり、歪みを取り除けば症状は消えるとする整骨療法だ。
流派によって手法は様々だが、施術者が骨格を正しい位置に調整する技法だ。

あらゆる病気・不調は骨格の歪みが原因

原理は同じでも根本的に手段が全く異なる

骨格の歪みを正せば病気は消えていく。考え方は賛同する。
しかし、私が唱える「ゼロの体操」による超・健康体のつくり方「強健の法」は原理・手法が、根本的に異なる。それは「自分にしかできないから、自分でやる」。なぜなら、本当に自分の骨格の「完全な姿を知っているのは自身の体のみ!」だからだ。

正しい骨格を完全に把握しているのは自身の体のみ!

地球には重力という誰も抗うことができない強大な力がある

地球には重力が厳然と存在する。その強大な力に抗うから骨格が歪む。
悪い姿勢を続けて、そのままでいると骨格の歪みが蓄積していく。老いると人は体が歪む。では、骨格を戻してやればよい。

どうやって戻すか?

重力に逆らうことを止めて従えばいい!重力に則る

地球の重力に従うとはどうするか?
ひとつの実験。川の濁流があったとする、それをコップに入れよう。そして軽く振ってやる。やがて、粘土、土、砂、水と重い順に下から分離した。そう、本来の位置に戻った!重力によって!!

軽く振動を与えると重力に従って本来の姿になった。この原理を骨格に応用する。それが「ゼロの体操」。

骨格を正す-ゼロの体操-重力に則る

骨格を「本来あるべき完全な姿(形)」に戻すゼロの体操

ゼロの体操とは

ゼロの力 動作以外の余分な力を入れずに体を動かす「力」を「ゼロの力」という

ゼロの体操 動作以外の力を体から徹底的に抜いて「ゼロの力」で体を動かす。
その中心は骨盤(仙骨)。

・立つなら、立つだけの力
・腕を上げるなら、上げるだけの力
・肩を回すなら、回すだけの力
・膝を上げるなら、上げるだけの力で

重要  重力に則った「ゼロの力」のゼロの体操が無意識のうちに、「本来あるべき完全な姿(形)」の骨格へと戻っていく。

意識、動作の中心は骨盤(仙骨)

例1 意識を「仙骨」に向け、立つだけの「ゼロの力」で立つ。そこから、背泳ぎのように、腕を回すだけの力(ゼロの力で)回してみる。スピードは好きにすればよい。体全体で勝手にバランスを取りながら。

例2 水泳のクロールをするように回してみる。膝を軽く曲げながらバランスをとってもいいし、腰を揺らすもよい。平泳ぎでもよい。とにかく、腕を動かすだけのゼロの力が大事。

例3 階段(踏み台)を使った昇降運動
1. ゼロの力で背筋を伸ばし立つ
2. ゼロの力で昇降運動
3. 腕を回したり、揺らしたりしてもよい。「ゼロの力」

骨格が正しい位置になると体に力が漲る

骨格が歪んで姿勢が悪いと、当然疲れやすくなる。慢性的に重力に対抗しなければならないからだ。正しいエネルギー(生命力)が流れることにより病気は消える。病気にならなくなる。姿勢が正され、O脚、便秘、ニキビ、タレ尻、肩こり、偏頭痛など、体の不調が治る。癌ごとき恐れることもない。

骨格の完全な姿はあなたの体が知っている

 骨格の歪みは重力に反する姿勢の蓄積から

老いては体は歪み、姿勢を悪くしては体は歪む。全ての体の不調は骨格から来る。生活で歪むのは仕方がない。しかし、もう理屈がわかったこれからは、意識して戻してやろう。巨大な重力に則るならば、本来の健康に戻っていく、必ず。

あとがき

今回は3分で読める簡略版として病気にならない超・健康体は骨格でつくる「強健の方法」を書いた。原理を詳しくお知りになられたい方は下記の記事を読んでいただけたらと思う。原理が単純なら方法も至って単純。しかし、効果は絶大!!十数年の検証を経て世に出た今、ぜひ、お試しいただきたい。

【あわせて読みたい】

誰もが等しく与えられた力とは何か。健康・美容。実現する力を理解し体現する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました