科学・学問

スポンサーリンク
科学・学問

驚愕の整骨理論-あらゆる病気は骨格から-重力に則った骨格

骨格の歪みが病気の原因になる。小さな不調から大病と言われる病気も原因は骨格の歪みにある。では、どうして骨格は歪むのか。日々の生活の中で無理な姿勢を取る為だ。病気にならない超・健康体のつくり方「ゼロの体操」を解説します。
科学・学問

写真-「この地球に山や森は存在しない」-古代の巨大樹木か?

前回、youtube動画「この地球に山や森は存在しない」について、私の意見を述べさせていただいた。古代の巨大樹木説は、基本的に賛同する。古代は現代とは全く違った環境にあったことは間違いないからだ。巨大な動物が生存していた事実、植物も今の10倍の長さ、体積から言ったら100倍以上もあるのに、樹木がないはずがないからだ・・・
科学・学問

姿勢の悪さは骨格で治す-姿勢が悪いと体が不調になる

骨格が悪ければ姿勢が悪い。現代人は姿勢が悪いように思う。猫背、肩すぼみ、体の前傾など。体形の悪さはO脚、ガニ股など、タレ尻、下半身デブ、ずん胴、と言ったところか。姿勢の悪さ体形も元を正せば骨格から来ている。それを直す方法-ゼロの体操。
科学・学問

生命は原始の海で誕生した-そんなワケない

地球の誕生は46億年前。そして原始の地球の水の中から生命が誕生したのは約35億年前とも言われている。最初にできた生物はもっとも簡単な構造を持っていたであろう単細胞だと考えられている。 しかし、単細胞と言っても複雑な遺伝子構造を持ち細胞の中は工場に例えられるほど高度な生命活動をしている。その単細胞が自然界で本当に誕生するのか- ①自然の法則 ②遺伝子 の2つの要点から考えてみたい。科学的用語、定義は正確ではないかもしれないが、、概要や言葉の意味するところは分かっていただけると思う。
科学・学問

考察-「この地球に山や森は存在しない」-デビルズタワーはバナナの木

古代の地球上には巨大な樹木が存在していたようだ。その残骸が現在でも世界のいたるところに存在する。現在とは規模が違いすぎて気が付かないだけだ。大きな衝撃を持って迎えられたどうがをどう私は考えているか。巨大樹木、巨大な採掘場後、火山の廃棄物堆積場の3つが要点だろうが、巨大な樹木は、当然あったに決まってる!が基本スタンス。あと、ふたつは否定する。
科学・学問

シャワー1分間のお湯の量でお風呂は十分

シャワーを浴びると1分間で10~15Lの水を使うという。お湯にするだろうから、ガス代もかかる。 わたしはその1分間くらいの量のお湯で洗髪から全身洗う。結構な額が節約できる。短髪で男で少人数家族だからとうこともあるが、いい部分は参考にされるとうれしいなぁ。
科学・学問

虫歯にならない簡単な方法-ブクブク

虫歯にならない簡単な方法がある。口の中をできるだけ酸性にしないことだ。どうした時に酸性になるのか。また、酸性から中和させる方法。面倒でも難しくもない。簡単にできる方法。食べたらブクブクと口をゆすぐ。
科学・学問

O脚も改善!-骨盤の歪みはダンサで直す-ゼロの体操

ゼロの体操-骨格が正しくないことに起因する。O脚の改善は骨盤の改善。骨盤は段差を上り下り(段差の昇降運動)することが重要。つまり、階段を使え。大切なポイントは上半身の力を徹底的に抜くこと。背筋が伸び棒をバランスを取って立てるような。ムダな力が抜けることによって、段差を歩く振動で骨盤、骨格は矯正されていく。
スポンサーリンク
URLのコピー | コメント
タイトルとURLをコピーしました